fc2ブログ

維新蕩れ

西尾維新蕩れな高校生のブログです。

めだかボックス 第85箱「私はずっと楽しみにしていました」

めだかボックス第85箱「私はずっと楽しみにしていました」の感想です。


インディアンではなく改神モードの更に先だったようです。
日之影先輩すみませんでした。

人を殴る時に人と思わないのが日之影空洞で。
人を殴る時に人と思いながら殴り、自分も傷つくのが黒神めだかで。
人を殴る時に人と思いながら殴り、自分は傷つかないのが球磨川禊なのだと思います。

この違いが三人の人格の違いを如実に表しています。

義務や責任で動くのが日之影空洞。
相手のために動くのが黒神めだか。
誰のためでもなく動くのが球磨川禊。

こんなところでしょうか。


光化静翔(テーマソング)
知られざる英雄にテーマソングなんて目立つためにあるようなものがつくとは思いませんでした。
どういう異常なんですかね。
ただ速く動けるなんてそんな生易しいものではないでしょう。
不知火がいっていた「扱いずらい」がこの後何かしらの意味を持ってくるのでしょうか。


「だって 貴様が被害者を守り 私が被害者を守れば 我々は全てを守れるのだから」
めだかカッコイイ!
「全てを守れるのだから」言ってみたい。
これをカッコ付けずに素で言えるよな人っていないですよね。(当たり前ですか)
めだかカッコイイ!



西尾維新の作品には全体を通して言葉に力がありますよね。
”何でもは知らないわよ。知ってることだけ”
”元気が良いいねぇ何かいい事でもあったのかい”
”戯言だけどね”
上げ始めたらきりがないので3つで止めておきますが、1つ1つの言葉が吸引力を持っています。
なんか言いたくなるようなセリフが多いですよね。







関連記事
維新蕩れTOP
めだかボックスTOP

第62箱「英雄じゃないんだぜ」
第64箱「やってみるか」
第65箱「箱庭学園の生徒会長は」
第66箱「だったらどうだって言うのさ」
第67箱「生徒会は私達だ」
第68箱「受け入れることだよ」
第69箱「強くなったね」
第70箱「好きだぜ」
第71箱「終わった頃にまたおいで」
第72箱「みんなが俺を忘れても」
第75箱「戦わない理由にはならない」
第76箱「黒神くじらという姉は」
第83箱「仲間思いな男なんですよ」
第84箱「わかりあうことができたのかなあ」



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

BSDK

Author:BSDK
維新蕩れへようこそ!
西尾維新が大好きな高校生のブログです。

スポンサードリンク
ランキング
更新の励みになるので、 クリックしていただけると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
ブックマーク
Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 
Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 
Amazon商品