fc2ブログ

維新蕩れ

西尾維新蕩れな高校生のブログです。

刀語 「微刀・釵」 感想

今回の話は一種の転換的な話だったのだと思います。
心のなかったただの刀であったころの自分である日和号との戦い、そして自分に心があることを自覚した七花。
やはり自覚するのとしないのでは違いがあると思います。

「オレは刀だが、同時に魂を持つ人間なんだ」
とがめの刀としてはもちろん1人の人間としてとがめを守る!、そんな決意が感じられるセリフです。
刀が意思、心、魂を持つことで切れ味が鈍るのではなく更に鋭くなる。
刀としても人間としても成長した感じでしょうか。

それに今回七花のセリフがおもしろいというか、人間味があふれてるというか、子供っぽいというか、
反応が素直にっていましたね。
今までは流されているだけのような感じだった気がします。
キャラクターが出てきた感じなのでしょうか。


いちゃいちゃシーンが多かったですね。
刀と所有者という関係からは変わってきているという感じがします。
なんかすごく微笑ましかったですね。
とがめの日よけ役になっていた七花が意地悪をするシーンとか今までの七花ではしない行為でしょう。
そういうところにも『成長』が出てきているのでしょう。
それにしても抱っこを恥じらうとがめがかわいかった!
ショートのほうが僕は好きです。

否定姫と左右田右衛門左衛門が本格的に登場したわけですが、否定姫は完全にギャルですよね。
右衛門左衛門の「答えず」
かっこいい~!
完全にハマりました!
否定姫との会話で見せる不敵な笑みは意味があるのでしょうか?

あ、そういえばOP・EDが変わっていましたね。
どちらも素敵な歌でした。



帰省していて感想が遅れましたがまあこんな感じで、
刀語 「微刀・釵」 感想を終わりたいと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
刀語(第8話)

刀語(第8話)

価格:1,155円(税込、送料別)




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー






ランキングに参加しているので
クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村



FC2 Blog Ranking

[ 2010/08/18 23:29 ] 刀語 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

BSDK

Author:BSDK
維新蕩れへようこそ!
西尾維新が大好きな高校生のブログです。

スポンサードリンク
ランキング
更新の励みになるので、 クリックしていただけると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
ブックマーク
Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 
Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 
Amazon商品